Welcome to ICYDOG!
ICYDOGのメインページへ

What's the ICYDOG?
Mail to ICYDOG
April 2017
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去の日記
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006
April 2006
March 2006
February 2006
January 2006
December 2005
November 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
April 2005
March 2005
February 2005
January 2005
December 2004
November 2004
October 2004
September 2004
August 2004
July 2004
June 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
Search



March 18, 2006

札幌 すし しもくら

shimokura.jpg
□ 戸井の本マグロ ヅケ (GR-Dマクロ:クリック拡大)

shimokura.jpg
□ 根室の雲丹 (GR-Dマクロ:クリック拡大)

札幌へ出張。帰りの飛行機に乗る前に、狸小路市場内にある「しもくら」で夕食。鮮魚店「下倉孝商店」直営のおすし屋さんで、ちょっと穴場的たたずまい。おまかせで握ってもらったのだけれど、道内の天然モノばかりでネタ数も豊富。魚のおいしさを満喫した。

[しもくら] 札幌市中央区南3条西6丁目 TEL:011-231-4945 (鮮魚店と兼用)

気さくでやさしい大将にいろいろ教えていただきながら、話もまたネタの味わい。
本マグロは戸井(とい)のもの。戸井は青森の大間の北海道側対岸にあたる漁港。赤身のヅケは旨さが際立つ。雲丹はねっとり濃厚系ではなく、すっきり磯風味。浜での処理の仕方がかなり違うらしく、極力みょうばんを使わないらしい。身がしっかりしていながら、繊細な風味が口の中に広がる。酢〆のニシンや、生の北寄貝の炙り、活きボタン海老などなど、鮮度を活かした味わいは、鮮魚店併設という流通力ならでは。楽しいひとときだった。

「トラックバック企画「マクロ」に参加!」

shimokura_03.jpg
□ 紋別の帆立 (GR-Dマクロ)

shimokura_07.jpg
□ オホーツクのタラバガニ炙り (GR-Dマクロ)

shimokura_08.jpg
□ ボタン海老(*istDS / PENTAX-A MACRO50mm F2.8)

shimokura_10.jpg
□ 〆ニシン 鰊ヅメ(*istDS / PENTAX-A MACRO50mm F2.8)

shimokura_11.jpg
□ 戸井のマグロ 中トロ半炙り(*istDS / PENTAX-A MACRO50mm F2.8)

shimokura_02.jpg
□ つきだしのいくら醤油漬け (GR-Dマクロ)

shimokura_01.jpg
ごちそうさまでした。(*istDS / PENTAX-A MACRO50mm F2.8)

投稿者 icydog : March 18, 2006 11:13 PM | トラックバック
Comments

わー!
わー!!
わー!!!
おいしそう・・・おいしいんですよね、そうですよね。
下世話な話になりますが、これでお幾らぐらいなんですか、このお皿使いでこのお料理でっ。

Posted by: RiE : March 19, 2006 01:56 PM

このほかにも、積丹の平目や噴火湾の穴子、北寄貝、マスの〆たものなどなどお腹いっぱいいただき、お酒を含めて一人7000円弱でした。本わさびにかすかにゆずの香りが合わせてあり、醤油につけず、塩や煮切りでいただくので、華やかな味が楽しめました。お勧めです。

Posted by: icydog : March 19, 2006 02:42 PM

いいなぁ、札幌でお鮨ですか。
うまいなぁ、この写真。
極めつけは、最後のご主人の笑顔ですね。

魚屋さんのお鮨というと、ネタが大きくって、これでもか、という力任せのようなお鮨が多い気がするんですが、ここはお皿も一枚一枚気を使っているようで。

icydogさんは、どうしてこんなに、おいしいお店に鼻が利くんでしょう。

Posted by: 南風(はえ) : March 19, 2006 04:43 PM

うわ!いいなぁーいいなぁー!
札幌かぁ、自分は札幌が絡む仕事が無くて残念…
ホント、出張先とかでもお店外さないですよね?
やっぱり事前調査に余念がないんでしょうか?それとも嗅覚?

料金もそれほど高くないですよね。ご主人の顔もステキ!
最近廻ってる寿司しか行ってないので、かなり魅力です。

Posted by: nori : March 19, 2006 08:10 PM

はじめてコメントさせていただきます。ずっと拝見しており、いつも参考になります。始めて、私も出張の時によくいく店がでてうれしくおもいました。地元のお客さんが多く、なにしろ狭いのでタイミングよく入れない場合もあるのですが、確かにおすすめです!板さんは2,3年前に交代されたのですが、同じ味、とくにゆずの風味が継承されていますね。

Posted by: shige : March 20, 2006 01:30 PM

札幌滞在の折にはぜひいってみたいです!
うなりました。うううううー。

Posted by: tmht : March 20, 2006 08:48 PM

南風さん、
海苔と醤油を使わず終い。雲丹も軍艦巻ではなく、握り。
おそらく魚の「かおり」をかなり意識されているのかなあと感じました。大将もかなりいい顔してます。

noriさん、
このお店は、icydogを見ていただいている札幌在住の方が、リサーチしてくれたお店です。目利きぶりはさすがです。

shigeさん、はじめまして。
最初に大きな帆立を口に入れたときに、ハッとしました。
わさびに練りこんである柚子の香りが絶妙でしたね。
shigeさん、他にもいろいろおもしろいお店おしえてください。

tmhtさん、
営業時間をみると、11:30-20:00(20:00入店可)となっていました。昼夜を避けてゆっくり行くのもいいかもしれませんね。

Posted by: icydog : March 21, 2006 10:52 AM

うわ~。ホント、美味しそうなお寿司がずらっと・・・。
お酒も含めて一人7,000円弱じゃなんて、魅力的ですね。
そういえば、しばらくお寿司いただいていないことに気がつきました。
大将の笑顔も素敵です。

Posted by: camille : March 22, 2006 03:22 PM

はじめまして 石神井川の検索をしてこのブログを発見しました。
物凄くいい写真ばっかり お腹がすいてしまいました。 

Posted by: まこと9957 : March 30, 2006 06:39 PM

まこと9957さん、はじめまして。
今年も石神井川、満開なんでしょうね。

Posted by: icydog : March 31, 2006 07:26 AM

はじめまして、いつも綺麗な写真に感心しながら拝見しています。
先日、札幌へ行くと常宿にしているホテル近くの炉端焼きに行きましたが、あいにく満席で入れず困っていると斜め向かいにすし屋をみつけ入りました。おまかせをお願いして、つきだしの「いくらの醤油漬け」を出され驚きました。偶然にもicydogさんが行かれたお勧めのお店だったですね。出された握りどれもがすばらしく、美味しいものでした。特に骨の多いニシンを骨切りしてから酢〆した握りは感動ものです。
自分は下戸で握りだけを食べましたが、おまかせで5250円也。
これだけのすしを東京で食べたら2~3倍はするでしょうね。
おかげで翌日は余市に行って寿しを食べる予定でしたが、これ以上のものは食べられないと予定を変更してしまいました。

これからも綺麗で美味しそうな写真を楽しみにしています。

Posted by: イレブン : April 16, 2006 03:06 PM

イレブンさん、こんにちは。
私もまったく同じ感覚、たぶん東京だと2-3倍ですね。
ゆずわさびも新鮮な驚きでしたでしょう。

Posted by: icydog : April 17, 2006 09:47 AM

ここの大将はいいけど、経営者のおっさんは嫌な感じでした。
隣の魚屋やってる人ですが、ちょっと産地について質問したら「素人が俺のこと信用しねえなら帰れ」とやられました。隣にいた奥さんは追っかけてきて謝ってくれた。。。

Posted by: ピースヌ : April 11, 2007 08:40 PM

それはずいぶんこわい方ですね。

鮨屋さんの方はものすごく温和で気さくな方でしたよ。

Posted by: icydog : April 13, 2007 09:10 AM
Please leave your comment









名前、アドレスを登録(非公開)