November 30, 2011

国際展示場

tokyomotorshow_111130_01.jpg

東京モーターショーを駆け足で一周。

November 25, 2011

荒木町 オール・ザット・ジャズ

allthatjazz_1211125_01.jpg

一晩で日本酒を15種類。自分の中では新記録なのではないだろうか。種類は多いけれど、一人あたり二合程度にしかなっていないという。気分的にはへべれけな感じがだが、翌日二日酔いもないので、やっぱりそれぐらいなんだろうなあ。つまみもお酒もおまかせで全て込みで5000円。しかもお酒は飲み放題ときたもんだ。すばらしいお店。

 
allthatjazz_1211125_03.jpg


allthatjazz_1211125_02.jpg

allthatjazz_1211125_04.jpg

allthatjazz_1211125_06.jpg
□ フグの子の糠漬け 明太子 太刀魚の子

allthatjazz_1211125_05.jpg
□ 一人一杯のセイコガニ 甲羅に熱燗を注いで飲む

allthatjazz_1211125_07.jpg


[日本酒BAR オール・ザット・ジャズ]
新宿区荒木町9-22 菅沼ビル 2F
TEL:03-5379-3663

November 24, 2011

根津 はん亭

hatei_111122_02.jpg
□ 牛肉牛蒡 生麩 沢蟹

根津の「はん亭」で会食。
根津散策のたびに、この木造三階建ての建物に入ってみたいと思っていたけど、いやー、中は広いんだねー。こんなに多くの人が全員串揚げ食べてるんだから、すごい。串揚げを12本食べたところでギブアップ。生麩や舞茸のにこごり、そばがきの串揚げなんてのがあって、そのアイディアの斬新さも楽しい。

[はん亭 根津本店]
文京区根津2-12-15
TEL:03-3828-1440

November 23, 2011

長谷寺

hase_111123_08.jpg

長谷寺は初めて。薄暮の由比ヶ浜が絶景。
11月20日-12月5日まで紅葉ライトアップとなっていて、16:00を回って薄暗くなりだしたあたりから点灯が始まり、この時間帯はちょっと幻想的。

hase_111123_13.jpg

hase_111123_14.jpg

 
hase_111123_09.jpg

hase_111123_12.jpg

hase_111123_07.jpg

hase_111123_10.jpg

hase_111123_11.jpg

長谷 大仏

hase_111123_04.jpg

それこそ、何十年ぶりかの鎌倉の大仏様。
モデルの撮影会さながら、老若男女、日本人、外国人、みんなが大仏にカメラをかざす。すごいモテモテぶりだ。

 
hase_111123_03.jpg

hase_111123_02.jpg

長谷 レストラン・ワタベ

watabe_111123_16.jpg
□ どう、この入り口

祝日は鎌倉の長谷周辺を散歩。
長谷駅の近くにある「レストラン・ワタベ」を目指すも、入り口がわかならい。住所表示エリアをぐるりとまわったところで、発見! どうよ、この入り口の斬新さ。江ノ電の線路を跨ぐ、命がけの入店だ。お店は古民家を改装したフレンチで、入り口から着席するまでだけでも十分楽しい。

料理もまたすばらしく、和牛いちぼの赤ワイン煮の、肉のほどける感じとネットリと唇につくゼラチン質な粘りにひとしきり感心。焼きたてのパンの香りもいい。

watabe_111123_12.jpg
□ 真鯛のポワレ

hase_111123_01.jpg

 
watabe_111123_08.jpg
□ 前菜5種 (白レバームース、カワハギのカルパッチョ...)

watabe_111123_10.jpg
□ にんじんのポタージュ

watabe_111123_09.jpg
□ ちぎると湯気の上がる焼きたてパン

watabe_111123_13.jpg
□ 和牛いちぼの赤ワイン煮

watabe_111123_14.jpg
□ デザート3種

watabe_111123_15.jpg


[レストラン・ワタベ (Restaurant Watabe)]
鎌倉市坂ノ下1-1
0467-22-8680

November 22, 2011

赤坂 とゝや魚新

totoya_111122_01.jpg
□ 滑多鰈(ナメタガレイ)の煮付け

「とゝや魚新」でお昼ごはん。滑多鰈の煮付けがうまい。身も子もとてもいい味だ。


[赤坂 とゝや魚新 (ととやうおしん)]
港区赤坂5-1-34
TEL:03-3585-4701

November 18, 2011

有楽町 慶楽

keiraku_111118_01.jpg
□ 炒飯ランチ (鶏の醤油煮)


大好きな有楽町「慶楽」で炒飯ランチ。


[慶楽 (けいらく)]
千代田区有楽町1-2-8
TEL:03-3580-1948

November 17, 2011

赤坂 MARUYOSHI

maruyoshi_111117_01.jpg
□ 目ん玉焼きそば定食


同僚といっしょに赤坂「MARUYOSHI」でランチ。
目玉焼きののった焼きそばの写真がおいしそうだったので注文したところ、なんとごはんと味噌汁もついてきちゃった。焼きそばをおかずに、ご飯を食べる。


maruyoshi_111117_02.jpg
□ ごはんもついてきちゃった!

[お好み焼き 鉄板焼き MARUYOSHI]
港区赤坂3-6-13 アニマートビル3F
TEL:03-3586-7019

November 16, 2011

ラ・ボッテガ・デル・グースト

labottegadelgusto_111116_03.jpg
□ 白トリュフのリゾット

「ラ・ボッテガ・デル・グースト」で会食。
白トリュフの香りが鮮烈だった。白トリュフが部屋に持ち込まれたときからその香りは漂い始め、目の前でスライスされるともうその香りは頂点に達する。ひたすら香りを食べる。


labottegadelgusto_111116_02.jpg
□ 白トリュフの塊 と スライサー


labottegadelgusto_111116_01.jpg
□ イカスミのパスタ


[LA BOTTEGA DEL GUSTO (ラ・ボッテガ・デル・グースト)] 【2012年5月 閉店】
港区赤坂4-4-16
TEL:03-6807-2660

November 14, 2011

赤坂 杏花村

kyokason_111114_01.jpg
□ 牛角煮麺

またまた「杏花村」ランチ。手相見てもらったせいか、親近感が増してついつい足が向いてしまう。暗示をかけられたのかもしれない。

kyokason_111114_02.jpg
□ 突き出しのように添えられる一口サイズのそぼろご飯

[杏花村 (きょうかそん)] 【閉店】
港区赤坂4-3-12 B1
TEL:03-3583-5209

November 13, 2011

大山 海人のいえ

uminchunoie_111113_03.jpg
□ 沖縄そば


大山での用事ついでに、立ち寄った沖縄そばの店「めーばる製麺 海人のいえ」。混んでいて、とても人気があるなんだけど、自分にとってはこの沖縄そばの柔らかな味を心からおいしいと思うためには、あと10年ぐらい枯れないといけないかもしれない。


[めーばる製麺 海人のいえ 大山店]
板橋区大山東町39-2
TEL:03-5375-0073

November 12, 2011

赤坂 露天

roten_111112_01.jpg
□ 鶏蛋炒西紅柿 (卵とトマトの炒めもの)

土曜の赤坂ランチシリーズ。以前「孫」だったお店が「露天」というお店になったものの、いまは以前の「孫」のシェフたちがまた戻ってきているのだそうだ。ここもウィークデイは混んでいて入りにくいお店だけれど、土曜はガラガラ。ランチメニューの「鶏蛋炒西紅柿」、酸味のあるトマトとほんの少し甘い卵がうまくまとめられていて、とてもおいしい。

roten_111112_02.jpg
□ 茄子と雪菜の炒めもの  肉団子と大根の煮物

[中国名菜 露天 (ルーテン)]
港区赤坂2-15-10
TEL:03-3568-3238

November 07, 2011

赤坂 杏花村

kyokason_111107_01.jpg

台湾から新しい料理人を迎えてますますパワーアップしている「杏花村」。夜も格安でコースをアレンジしてくれる。しかも女将さんの100%当たる手相占いつきだから、もうただみたいなものだ。ちなみにその占いによると、わたしは緊張を中に溜め込むタイプなので、適当に誰かみつけて当り散らすといいのだそうだ。そうさせてもらう。


kyokason_111107_02.jpg
□ 台湾風お好み焼き 中は牡蠣がゴロゴロ

kyokason_111107_03.jpg


[杏花村 (きょうかそん)] 【閉店】
港区赤坂4-3-12 B1
TEL:03-3583-5209

November 05, 2011

赤羽 和とん

waton_111105_01.jpg
□ 豚丼肉七(7枚) 白髪ネギ トッピング


炭焼きの豚肉がこんなにうまいものなのか、と驚いた。
のぞいてみると、厨房では煙モウモウで焼いている。高温で炙られた豚肉から脂が備長木炭の上に滴り落ち、猛烈な煙となって肉を燻す。これがすばらしい調味料効果を発揮するのだ。

赤羽駅から歩いて15分くらいかかる「和とん」。店構えも居酒屋風なので、店の前を通っただけでは、ここでこんなおいしい丼を食べさせるとは想像もつかない。店の前は大日本印刷の一大工場群があるので、この場所への出店は、そこらあたりが狙いなのか。


waton_111105_06.jpg

waton_111105_05.jpg
□ 7枚のっけると食べにくいので、一旦別皿に退避させる

waton_111105_04.jpg

[炭焼き豚丼 和とん]
北区赤羽南2-16-2
TEL:03-3902-0210

November 03, 2011

神楽坂

kagurazaka_111103_09.jpg


神楽坂商店街の長い坂道の端から端まで紙が敷き詰められて、子供たちのキャンバスになっていた。小さな子供たちが絵筆を持って、かわいらしく絵を書いているかと思えば、手足に絵の具を浸してもうぐちゃぐちゃになっていたりもする。


kagurazaka_111103_05.jpg
□ フランス人の多い神楽坂は犬もフレンチブルドッグ

kagurazaka_111103_06.jpg

 
kagurazaka_111103_07.jpg

kagurazaka_111103_01.jpg

kagurazaka_111103_03.jpg

kagurazaka_111103_08.jpg

kagurazaka_111103_11.jpg

kagurazaka_111103_10.jpg
□ まあ、こうなるよね

kagurazaka_111103_04.jpg

江戸川橋 しんと

shinto_111103_03.jpg
□ 生醤油うどん


江戸川橋近くの地蔵通り商店街周辺を、鯛焼き買ったり、草団子買ったりしながら散歩。
商店街の真ん中あたりにある「しんと」というお店で手打ちのうどんを食べる。うどんの麺以上にハッとさせられるのは、胡麻油の風味豊かなカリカリの天かす。丼の中をぐるぐるかき混ぜて、生醤油をサッとかけていただくと、スナッキーなおいしさを味わえる。


shinto_111103_01.jpg
□ かやくうどん

jizozaka_111103_01.jpg
□ 地蔵通り商店街

 
jizozaka_111103_04.jpg

jizozaka_111103_02.jpg
□ ここの手焼きの薄皮鯛焼きは行列をせずに買えるようだ

jizozaka_111103_05.jpg
□ 早大通りにはなぜか小猿

jizozaka_111103_06.jpg
□ 地蔵通り商店街の地蔵

jizozaka_111103_03.jpg

[しんと]
文京区関口1-12-2
TEL:03-3260-5558