September 28, 2014

池袋 La Famille

lafamille_140928_02.jpg
□ いちじくのタルト

池袋はお祭りのようで、西口公園は太鼓の乱打がビル群に反響してすごい騒ぎ。そんな喧騒をすり抜けて、西池袋公園前の「La Famille」でお茶。シフォンケーキはここがいいね。


lafamille_140928_01.jpg
□ 紅茶のシフォン

 
lafamile_140928_03.jpg
□ 池袋ウエストゲートパーク

[La Famille] 
豊島区西池袋3-4-6  
TEL:03-5958-0431

September 27, 2014

小竹向原 まちのパーラー

machino_140927_01.jpg
□ パニーニ (ローストポーク) パンはフランスパン


先週の「パーラー江古田」に続いて、今週はその姉妹店のような「まちのパーラー」で朝食。低温でじっくり焼かれたピンク色のローストポークにバルサミコソースをかけて、バゲットに挟んでもらったパニーニにガリガリガリっと音を立ててかぶりつく。それとほうれん草とリコッタチーズのキッシュも。いずれも量が多いので、二人でそれぞれをシェアするのがちょうどいい。

 
machino_140927_02.jpg
□ キッシュ ほうれん草とリコッタチーズ

machino_140927_03.jpg
□ キャラメルカプチーノの泡の上で揺れる木漏れ日

machino_140927_06.jpg

machino_140927_04.jpg
□ ハンドドリップコーヒー

machino_140927_05.jpg
□ 季節のキッシュ 枝豆と玉ねぎ

machino_140927_07.jpg
□ 金木犀の香りも漂い始めたなあ

[まちのパーラー]
練馬区小竹町2-40-5
TEL:03-6312-1333

September 24, 2014

新板橋 蜃気楼

shinkiro_140924_02.jpg
□ 炸茄子 

新板橋の「蜃気楼」はいわゆる"取っつきにくい"お店だと思う。ただ、店主の四川地方の料理への造詣はとても深く、昔出会った忘れられない味を求めて、成都の街やその周辺を歩きまわる話しなんかを聴きながら燃面(ランメン)を食べていると、このお店の複雑で豊かな味は店主の体験と理想を再現しているんだということが伝わってきて、魅了されていく。やさしく穏やかな声で「ガツンと辛いのはダメなんだ。まず最初にサーッと清涼感、そしてジワッと辛味ってのがいい」という。味覚の表現も体験的だ。

メニューの中でも「炸茄子」という茄子のフリットはちょっと感動。カリッと揚がった茄子は揚げたというよりも蒸されたようなホクホクした感じで、上にかかっている薬味のスパイスワークが未体験な香り。クミンの香りが異国感を誘うのかもしれない。

shinkiro_140924_04.jpg
□ 燃面(ランメン)

 
shinkiro_140924_01.jpg
□ クラゲ、叉焼、豚耳煮こごり、トマト

shinkiro_140924_03.jpg
□ 麻婆豆腐


shinkiro_140924_05.jpg
□ 小籠包


[蜃気楼 (しんきろう)]
板橋区板橋1-33-1
TEL:03-3964-6657

September 21, 2014

パーラー江古田

parlorekoda_140921_01.jpg
□ パニーニ (チキンと舞茸) パンはチャバタ

「パーラー江古田」でランチ。
入口の扉を開けると、激戦のカウンター4席が奇跡的に空いている! こんなこともあるんだね、なんて言っているうちにたちまち満席になってしまった。キッシュも売り切れ、リュスティックも売り切れ。チャバタというパンでチキンと舞茸を挟んだパニーニを注文。岩のような見てくれだけど、カリカリカリッと音を立てたあとはしっとりした触感で、崩れることなく食べやすい。ローストしたチキンと舞茸との相性がとてもいい。


parlorekoda_140921_03.jpg
□ カプチーノ

parlorekoda_140921_02.jpg
□ パニーニ (フレッシュトマトとチーズ) パンはくるみパン


parlorekoda_140921_04.jpg
□ カフェオレ

[パーラー江古田 (パーラーエコダ)]
練馬区栄町41-15
TEL:03-6324-7127

September 19, 2014

西麻布 Bingo

bingo_140919_02.jpg
□ 鮎のコンフィ

予約してあったカミさんと娘のiPhone6 plusの入荷の連絡があり、受け取って無事にバックアップから復元終了。意外とすんなりだ。予約したあとにplusではデカ過ぎたんじゃないかとやや不安になってたけど、実際に手に取って動作を確認していくうちに両者ともすぐに馴染んだようだ。

先週末に「Bingo」で会食。いつものように創意に溢れたハッとさせられる料理ばかり。ポルチーニ茸のフリットなんかはすばらしい香り。写真はちょっとイタズラしてあって、素材やソース以外は彩度をゼロに落としてモノクロになっている。


bingo_140919_01.jpg
□ イカときのこ

bingo_140919_03.jpg
□ サザエのつぼ焼き ごぼうソース

bingo_140919_04.jpg
□ グリルミスト

bingo_140919_05.jpg
□ カルボナーラ

[Bingo (ビンゴ)]
港区西麻布4-19-9 B1
TEL:03-5774-5721

September 15, 2014

南池袋 UCHOUTEN

uchouten_140915_01.jpg
□ 黒毛和牛のハンバーグ

久しぶりに南池袋の「UCHOUTEN (ウチョウテン)」でハンバーグだ。久しぶりって、いつ以来だろう...と調べたら、なんと7年前! 当たり前だけれど、あれから7歳、年齢が増えているというわけで...と、カミさんと指を何度も折っているうちにお皿がやってきた。

 
uchouten_140915_02.jpg
□ 箸を入れるとジュワッ

uchouten_140915_03.jpg
□ サイドディッシュ  メンチカツ

uchouten_140915_04.jpg
□ サイドディッシュ  クリームコロッケ


[UCHOUTEN]
豊島区南池袋2-36-10
TEL:03-3982-0077 

September 14, 2014

仲宿 ごえん

goen_140914_05.jpg
□ 冷ぶっかけ

旧中山道を散歩して「ごえん」でお昼うどん。
かなり涼しくなってきたけど、昼間に長く歩くと、まだまだビールがうまく、天ぷらや自家製のさつま揚げ、お揚げを衣にしたコロッケなんかをつまみながら、クリーミィな泡が盛られたプレモルの生を飲む。最後に讃岐うどんを食べ、また長い散歩で腹ごなし。


 
goen_140914_01.jpg
□ きめ細かくてクリーミィな泡

goen_140914_04.jpg
□ 油揚げを衣にしてカリカリホクホクに揚がったコロッケ

goen_140914_03.jpg
□ 自家製さつま揚げ

goen_140914_02.jpg
□ 天ぷら盛り

goen_140914_06.jpg

[うどん処 ごえん]
板橋区仲宿48-18
TEL:03-3963-6360

September 12, 2014

池袋東武 鼎泰豊

thintaihong_140904_02.jpg
□ 小籠包

カミさんと娘のiPhone6 plusのネット予約完了。4sからの機種変更で3年近く経っているので、さすがにあちこちガタがきていて新モデルの登場を待ち望んでいたところ。入荷はいつになるのだろうね。すんなり発売日19日に入手できるのだろうか。

東武百貨店13Fに入っている「鼎泰豊 (ディンタイフォン)」でランチ。
まずは小籠包(しょうろんぽう)だね、ここは。ビール飲みながらひたすら小籠包ってのでもいいけど、甘辛い和え麺なんかもおいしい。冷製トマト乾伴麺ってのは、麺も具材もものすごく冷やしてあって、口に入れると、その冷たさにハッとする。



thintaihong_140904_01.jpg
□ きゅうりの甘辛漬

thintaihong_140904_03.jpg

thintaihong_140904_04.jpg
□ 海老・豚肉入りワンタン辛味和え麺

thintaihong_140904_05.jpg
□ 冷製トマト乾伴麺


[鼎泰豊 (ディンタイフォン)]
スパイス池袋東武13階
TEL:03-5957-7811

September 05, 2014

本蓮沼 さとう

sato_140905_01.jpg
□ 濃厚魚介豚骨ラーメン 味玉

自宅から長距離散歩で三田線本蓮沼駅まで行き、「さとう」でラーメン。東十条の「ほん田」で修業した方のお店ということで、濃厚系もあっさり系も、いずれも「ほん田」を受け継いだ完成度の高いおいしいラーメンだなあ。「ほん田」はいつも長蛇の列で並ばなければいけないけれど、こちらはなぜかすんなり。

sato_140905_02.jpg
□ 豊魚鶏だし特製醤油ラーメン


[さとう]
板橋区蓮沼町22-6

September 04, 2014

有楽町 交通飯店

“kotsuhanten_140904_01.jpg"
□ 醤油焼きそば (iPhone)

炒飯のおいしい「交通飯店」で、多くの人がオーダーしていて気になる「醤油やきそば」にトライ。炒飯同様、大きな中華鍋を振って作られていく。目の前に置かれた時はプーンとラードの香り。これはいい。他では食べられないこの店だけの焼きそばだ。焼きそばは醤油のほかにソースや味噌もあったりする。

「交通飯店 (コウツウハンテン)」
千代田区有楽町2-10-1 (交通会館地下1階)
TEL:03-3214-5558

September 02, 2014

新橋 もと

moto_140902_01.jpg

なかなか予約がとれないのだそうだ。新橋の「もと」。
だからかなり先の空いている日をまず押さえ、あとからその日に行ける人を募るのだという。同僚にそんなお店に誘われたら行かないわけはなく、「愛山」という酒米で仕込まれた純米吟醸酒からスタート。すばらしい。料理もかなりいい。酒をおいしく味わうようにおまかせで料理が添えられる。次はどんな酒が出るんだろう...と期待しながら、どんどん進んでしまう...

moto_140902_02.jpg
□ 焼きなすとウニ  焼き鯖寿司  帆立

 
moto_140902_03.jpg

moto_140902_04.jpg
□ 炙ったベーコンの入ったポテトサラダ

moto_140902_05.jpg

moto_140902_06.jpg

moto_140902_07.jpg

moto_140902_08.jpg
□ 生の鮭子を出汁に浸して

moto_140902_09.jpg

moto_140902_10.jpg
□ 焼きさんま

moto_140902_11.jpg

moto_140902_12.jpg
□ 松茸の土瓶蒸し

moto_140902_13.jpg

[酛  (もと)]
港区新橋3-16-22 池野6号ビル 2F
TEL:03-6459-0467