October 14, 2016

京橋もと

moto_161014_01.jpg
□ マツタケフライ

新橋にあった「酛 (もと)」が京橋に移転して「京橋もと」に生まれ変わった。
新橋のときは、急階段を上って行く雑居ビルの2階の狭いお店だったのが、今はおしゃれな店構え。個室もできていて、4-6人ぐらいの会食にもぴったりだ。あいかわらず予約は取りにくいけど。

 
moto_161014_02.jpg
□ ワイン酵母をつかった日本酒

moto_161014_03.jpg
□ 焼鯖寿司

moto_161014_04.jpg

moto_161014_05.jpg

moto_161014_06.jpg

moto_161014_07.jpg
□ ヒラメ シマアジ カワハギ

moto_161014_08.jpg

moto_161014_09.jpg

moto_161014_10.jpg

moto_161014_11.jpg

moto_161014_12.jpg

moto_161014_13.jpg

moto_161014_14.jpg

moto_161014_15.jpg

moto_161014_16.jpg
□ いくらと海苔の土鍋ご飯

moto_161014_17.jpg

 

[京橋もと (酛)]
中央区京橋2-6-13
TEL:03-3567-7888

July 03, 2009

入船 さくら家

sakuraya_090703_01.jpg
□ 白レバーをささみで巻いて わさび醤油で

sakuraya_090703.jpg
□ 白レバー焼き 脾臓焼き

会社の同僚と4人で入船の「さくら家」で焼鳥。カメラ談義に始まり、白レバーだ、鴨焼きだと、おいしい焼鳥と日本酒を楽しみ、ペースが進みすぎて、最後はケンカ。

[さくら家 (さくらや)]
中央区入船2-2-1 MAP
TEL:03-3551-4878


sakuraya_090703_02.jpg
□ 三つ葉巻き  つくね

sakuraya_090703_04.jpg

February 17, 2007

京橋 てんぷら深町

fukamachi_070217_00.jpg

「HIDEMI SUGINO」の帰りに「てんぷら深町(ふかまち)」の前を通ってみると、暖簾がかかっている。予約と予約の合間を縫ってうまく席をもらうことができた。カミさんが油に弱いので、めったにてんぷらに行くことがないのだけれど、自分のいかにも入りたそうな様子を察したのか、お許しが出た。

「てんぷら深町」については、京橋の主の教えに学ぶ。
 「おいしいもの」
 「じぶん日記」
 「しずる!写真グルメガイド」

[てんぷら深町] 中央区京橋2-5-2 TEL:03-5250-8777 MAP

ふきのとうも、若筍もびっくりするぐらい鮮烈な春の匂いに満ちていた。また車えびはふっくらと甘く、アナゴはカリッと揚がっている。てんぷらを敬遠していたカミさんも大満足。てんぷらはつくづく経験の料理だと思う。うるさいお客との長年のやりとりの中で培われてきた深町さんの経歴ほど、確かな証はないだろうね。


fukamachi_070217_01.jpg
□ ふっくら蒸しあがったような車海老

fukamachi_070217_02.jpg
□ たまねぎ と ふきのうとう(鮮烈な春の匂い)

fukamachi_070217_03.jpg
□ 鹿児島の若筍

fukamachi_070217.jpg
□ アナゴは天丼に お菓子のようにサクサクッで甘辛い(クリック拡大)

fukamachi_070217_05.jpg

fukamachi_070217_06.jpg

イデミ スギノ

hidemisugino_070217_05.jpg

うーん、甘かった! 自分の考えが。
先月いただいた「HIDEMI SUGINO(イデミ スギノ)」の焼き菓子がとてもおいしかったので、今度は生ケーキを!と思い、出かけてみた。NHKのドキュメンタリーで取り上げられて以来モノスゴイコトニナッテイルと聞いてはいたが、このビジネス街の土曜の朝なら空いているだろうと高をくくっていた。11:00に到着したのだけれど、すでに行列。

[HIDEMI SUGINO] 中央区京橋3-6-17 03-3538-6780 MAP

hidemisugino_070217_04.jpg
 
ショウケースの前にたどり着くまでに40分。さらに店内にはサロンで食すための行列が!
しかもショウケースの中は売り切れなのか出揃ってないのかほとんど品が並んでおらず、「どれにいたしますか?」なんて聞かれても、ほとんど選択の余地がない。

hidemisugino_070217_03.jpg

アンブロワジーというケーキがお目当てだったのだけれど、これはサロンでのイートインのみ。ショウケースの中に見当たらないのでサロンに入るのを諦め、テイクアウトのみとしたが、支払いモードに入ったときに、なんとアンブロワジーが登場。
また、根性入れて出直してくるしかないね。


hidemisugino_070217_02.jpg

hidemisugino_070217_01.jpg

January 20, 2007

イデミ スギノ

hidemisugino_02.jpg

おみやげに「HIDEMI SUGINO(イデミ スギノ)」の焼き菓子をいただいた。昨年NHKの「プロフェッショナル」で特集されていたのをたまたま見て、一度行ってみたいなあと思っていたのだけれど、その後お店はたいへんな騒ぎだったらしい(「じぶん日記」)

[HIDEMI SUGINO] 中央区京橋3-6-17 03-3538-6780 MAP

hidemisugino_03.jpg

hidemisugino_04.jpg

hidemisugino_01.jpg

November 22, 2006

京橋 目羅

mera_02.jpg
□ 煮アナゴ

京橋のおすし屋さん「目羅(めら)」で会食。つまみもにぎりも楽しめた。
鱈の白子は昆布で蒸されたものを酢だちと藻塩でいただく。写真に納めることはできなかったけれど、雲丹は軍艦にせず、にぎりにして塩が振ってある。醤油や海苔を使わず、純粋に雲丹の香りを楽しむってことかな。シャリも甘くなくすっきり。

会合の方は、話の流れで「じゃ、次は餃子で」・・・ということで閉会。

[目羅] 中央区京橋2-6-5 TEL:03-5250-5566

 
mera_01.jpg
□ 鱈の白子

December 09, 2005

京橋 栄一

eiichi.jpg
□ 焼鳥丼 (GR D)

八重洲の会議と大手町の会議の間に、京橋の「栄一(えいいち)」で焼鳥丼(1050円)をいただいた。先月行った伊勢廣(いせひろ)の並びのお店。場所が近いのでこの二店はいつも比較される。伊勢廣は抜群においしけど高いお店で、栄一はおいしくてリーズナブルなお店。きちんと棲み分けて共存している。

[栄一] 中央区京橋1-5-1 TEL:03-3281-6578 MAP

November 16, 2005

京橋 伊勢廣

isehiro_051116_03.jpg
□ 京橋本店 (GR D)

isehiro_051116_02.jpg
□ 五本丼 (GR D)

今日は八重洲で会議があったので、お昼ご飯は迷うことなく「伊勢廣(いせひろ)」で焼き鳥丼をいただくことにした。しかも幸運なことに、一番好きな席、カウンターの一番奥に着座。ガラス越しに目の前で串を焼くところが見られる、最高の席だ。種類の違う5本の串が、同時に最高の状態で焼きあがるように、それぞれが炭の強火の上にタイミングよく載せられていく。滴ったあぶらが焼けて猛烈な煙を上げ、串にからみつく。伊勢廣の焼き鳥はこの煙の味が身上だ。ちょっと高いけれど、やっぱり抜群においしい。

[伊勢廣] 中央区京橋1-5-4 TEL:03-3281-5864 MAP

September 05, 2005

八重洲地下 のりや

noriya_01.jpg

今朝は会社の健康診断を無事終了。午後から八重洲で会議だったので、八重洲の地下街で遅めの昼食となった。まったく知らなかったのだけれど、八重洲の地下街にはラーメン激戦区なるエリアが作られており、「のりや」「むつみ屋」「ばくだん屋」「揚州商人」「五香路」「潘街粥麺専家」「中国拉麺 珉珉 餃子老舗」「番外地」などが軒を連ねている。その中から、健康診断後ということもあり、安心して和歌山風の「のりや」でねぎラーメンをいただく。かなりうまい!天鳳のような濃厚とんこつ醤油スープに香港麺のようなコシのある細打ち麺。次回はほかのお店も試してみよう。かなり期待のもてるエリアだ。

[のりや] 千代田区丸の内1-9-9 TEL:03-3201-6016

noriya_02.jpg

June 16, 2005

八重洲 泰興楼

taikourou.jpg

今晩は久々に八重洲の「泰興楼(たいこうろう)」で食事。8年ぶりぐらいか。オフィスに配属されてきた新人たちと、ひたすら餃子を食べまくる。焼き餃子、蒸し餃子、水餃子、そしてふたたび焼き餃子。もうしばらく餃子は見たくないぐらい餃子づくしだった。最後にタンメンとタンタンメンで〆る。このお店ではいつもこのパターン。

[泰興楼] 中央区八重洲1-9-7 TEL:03-3271-9351

April 08, 2005

京橋 雲楼

unroucelery.jpg

午前中は京橋で仕事だったので、「雲楼(うんろう)」のセロリチャーハンをいただいた。ここでしかみかけないメニューだが、この店の隠れ定番だ。チャーハンの上に豚肉とセロリを炒めた具がどっさりのっている。そこにマイルドな豆板醤をたっぷり添えていただく。
本当はMCKEEさんが紹介していたてんぷら「深町」に行きたかったが、京橋=雲楼=セロリチャーハンという暗黙の結びつきが、皆の足を自然とそこへ向かわせてしまう。次回こそ「深町」に行ってみよう。

【追記 2009.10.28】
「雲楼」は立ち退きで閉店しており、店舗を探しているところらしい。

[雲楼]
中央区京橋2丁目7-9
TEL:03-3561-6390

March 04, 2005

宝町 びっくりうどん

bikkuriudon.jpg

宝町で時間がないときの食事にいいのは「びっくりうどん」。讃岐スタイルの立ち喰いうどん屋さんで、アツモリかヒヤモリを選び、好きなトッピングを選んで、支払い。今日はアツアツにかき揚げとじゃこ天2枚とお揚げをのせて450円。お揚げはでか過ぎてうどんが見えなくなってしまうので、二つ折りにしてある。お店に入って出てくるまで7分ぐらい。

January 21, 2005

八重洲 ekki

ekki.jpg
宝町での長い長い会議のあと、八重洲にあるフォーシンズホテル丸の内のダイニングバー「ekki」でビールを飲んで帰ることにした。パシフィックセンチュリープレイスビルの中に作られたホテルだが、ずいぶんとこじんまりとしている。また、こんなに便利な場所にありながら、がらがらだ。ダイニングの中のバーなので、軽食類がとてもちゃんとしている。

[ekki] 千代田区丸の内1-11-1 PCP丸の内 TEL:03-5222-7222

July 14, 2004

京橋 雲楼

unroyakisoba.jpg
久々に京橋の雲楼(うんろう)で五目焼きそばをいただいた。パリパリに強く焼いた麺の食感が最高。あまり辛くなく奥行きの深い自家製豆板醤をたっぷり載せていただく。

午後は那須へ日帰り出張。昨日梅雨明け宣言したらしいが、今年は本当は梅雨はなかったよね。

【追記 2009.10.28】
「雲楼」は立ち退きで閉店しており、店舗を探しているところらしい。

[雲楼] 【閉店】
中央区京橋2丁目7-9
TEL:03-3561-6390

投稿者 mic_moblog : 01:28 PM | コメント (7) | トラックバック

April 09, 2004

京橋 ブルーベル

bluebell1.jpg bluebell2.jpg
何年かぶりで京橋の「ブルーベル」に行った。周りの街の様子がすっかり変わっている中で、ブルーベルは何もかも昔のまんまの古き良き洋食屋さんだった。
写真は「ウインナーソテー」。 メニュー札を見ながら、ウインナーなんて料理になるのか?とずっと思っていたのだけれど、ある日、隣の人が食べているのを見て、自分も頼むようになってしまった。他においしいものがたくさんあるのだけれど、なぜかそれ以来ここに来るとウインナーソテーを頼んでしまう。ウインナーにマスタードを塗っていただく。また、どのメニューを頼んでもついてくるたっぷりのマカロニサラダも絶品! 心の底からホッとする味。

[ブルーベル] 中央区八重洲2-6-11 TEL:03-3281-7578 【閉店後荻窪で再オープン】

[追記 05.05.03] ブルーベルは2004年12月で閉店しました。 関連エントリー

[追記 06.02.10] ブルーベルは荻窪にて再オープンしました。