September 24, 2017

目白 DEL'IMMO

delimmo_170924_02.jpg
□ デュオピスターシュ

昨年末、目白駅前のTRADビルにパティスリー「DEL'IMMO (デリーモ)」がオープンして、散歩の途中のおしゃれな休憩所が1つ増えた。散歩の消費カロリーをはるかに上回るエネルギー補給となるけどね。

delimmo_170924_05.jpg
□ FURIKAKE フリカケ   カカオパウダー

 
delimmo_170924_01.jpg


delimmo_170924_03.jpg


delimmo_170924_04.jpg


 


[パティスリー&ショコラ バー デリーモ 目白店 (Pâtisserie & Chocolat Bar DEL'IMMO)]
豊島区目白2-39-1 トラッド目白
TEL:03-3988-1321

August 27, 2017

高田馬場 末広

suehiro_170827_01.jpg
□ 中華そば(並)

高田馬場の「末広」の黒いスープのラーメン、黒いヤキメシ。京都駅近くの「新福菜館」で修業した店主が秋田に開いた「末廣ラーメン本舗」の高田馬場分店と聞けば、なるほどな体裁。中華そばはラードの華やかな香りを濃い口醤油のコクでバランスしたおいしさ。写真を京都と高田馬場で見比べると、チャーシューとバラ肉、青ネギと白ネギなどが違うようだ。

中華そばだけじゃなく黒いヤキメシも見逃せない。まずはそのまま、そして黄身を崩しながら、さらに卓上の葱も混ぜ込み、最後は胡椒を多く振り込むなど、バリエーションをつけながら楽しむ。

 
suehiro_170827_03.jpg
□ ヤキメシ(1/2) 黄身のせ

suehiro_170827_02.jpg
□ 煮干し中華(並)

suehiro_170827_04.jpg

[末廣ラーメン本舗 高田馬場分店 (すえひろラーメンほんぽ)]
新宿区高田馬場2-8-3

August 18, 2017

目白 志むら

shimura_170818_02.jpg
□ 天然氷 生いちご 白玉+ミルク トッピング

例年なら整理券が配布されるほど行列の絶えない「志むら」のかき氷であるはずだけど、小雨がパラつく怪しい天気のせいか、珍しく人が並んでいない!

それでも中に入ってみると二階は満席で三階へ通された。天然氷のかき氷に、生いちごのソース、さらに白玉とミルクをトッピング。すっかりおじいさんおばあさんになってしまっているのに、このいちごミルクみたいな感じが、ほんとたまらない。


shimura_170818_03.jpg
□ 天然氷 生いちご 白玉+ミルク トッピング

shimura_170818_01.jpg
□ 豆かん 豆の皮がやわらかい


[志むら (しむら)]
豊島区目白3-13-3
TEL:03-3953-3388

January 21, 2017

雑司ヶ谷 いり江

irie_170121_01.jpg
□ 天ぷら盛合せ御飯 1180円

地下鉄雑司が谷駅出口の近く「いり江」でランチ。広いお座敷でゆったりと過ごしながら、お値打ちな定食。この日の「天ぷら盛合せ御飯」には天ぷら(海老2本 穴子1本 キス 蓮根 茄子)に天然ぶりの刺身が添えられていた。

 
irie_170121_02.jpg
□ 海老2 穴子 キス 蓮根 茄子

irie_170121_03.jpg
□ 9kgの天然ブリらしい


[いり江]
豊島区高田1-36-21
TEL:03-3981-5463

September 23, 2016

高田馬場 とん太

tonta_160923_01.jpg
□ 特ロースかつ定食


小雨の降る中、高田馬場「とん太」でとんかつ。
雨だから空いているだろうとタカをくくって、開店15分後の11:45に到着するとすでに行列。外国人の方も多い。カウンターで待つ間、目の前に貼ってある説明書きを読むと、「当店は自家製の辛口のウスターソースなので、甘口が好きな人はケチャップと合わせるといい」とか「一切れは何もつけずに。 また、一切れは塩で、黒コショーで、ゴマで、などいろいろな味をお楽しみくださいませ」とか、食べ方の選択肢を広げながら、決して押し付けない感じが好きだ....とか言っているうちに特ロースかつ定食がやってきた。

まずは、一番右端の小さなカタマリを何もつけずにそのまま一口。
おおげさじゃなく、身体がのけぞってしまうくらい初体験のおいしさ。見た目以上に衣が軽く、脂身がサラッとしていて旨い。もともとお肉に塩コショウしているわけだから、そのままで十分においしい。塩、胡椒、ソースと試してみて、最後はやっぱりそのままで。とんかつだけでなく、キャベツのドレッシングやぬか漬けも、豚汁も完璧。

雨でも行列ができるわけだ。


tonta_160923_02.jpg

 
tonta_160923_03.jpg
□ 雨の中でも行列


[とん太]
豊島区高田3-17-8
TEL:03-3989-0296

September 17, 2016

高田馬場 ばりこて

barikote_160917_01.jpg
□ たまごラーメン

正直、博多ラーメンの食べ方がよくわからない。
紅生姜、からし高菜、摺りごまなんかが置いてあって、どんなタイミングでどの程度入れるものなのか、フィールがつかめない。訊けばきっと、そんなの好みで適当でいいといわれるのだろうけれど、食べ慣れた人に指南してもらいものだ。

福岡出身の方が地元の味に近いと言っている高田馬場の「ばりこて」でたまごラーメンを注文。常連さんらしき方々の食べ方を観察すると、摺りごまをたっぷりかけ、ご飯に高菜をのせた。それはおいしそう。次回、そんな感じで。


barikote_160917_02.jpg
□ 目白庭園の錦鯉のチビッコたち


[ばりこて 高田馬場店]
新宿区高田馬場3-4-13
TEL:03-6279-1469

September 11, 2016

高田馬場 羅偉傳

raiden_160911_01.jpg
□ とくのせ醤油

数年前に高田馬場にあった札幌の「純連」が閉店したと耳にしていたけれど、同じ場所で元従業員が「羅偉傳」というお店で営業していることを知り、散歩かたがた行ってみた。
分厚いラードの被膜の下に半透明の黄色い麺が横たわる。濃厚で華やかな味噌も、香ばしい醤油もいい。しっかりと札幌ラーメン健在だ。
 

 
最近は池袋から目白庭園の前を通って、高田馬場まで散歩するコースがマイブーム。

raiden_160911_02.jpg
□ 目白庭園

[羅偉伝 高田馬場店 (ライデン)]
新宿区高田馬場3-12-8
TEL:03-5338-8533

June 25, 2016

目白 宮越屋珈琲

miyakoshiya_160625_01.jpg
□ シブースト 冷たいカフェオレ

夏が暑いということは、よくわかっているつもりでも、実際に35度越えてくると、ああ、夏ってこういうことだったよね...と思い知らされる。散歩が命取りになりかねない。熱中症での救急搬送が一日で800人超ってのも凄い数だ。

目白方面の散歩では「宮越屋珈琲」がクールダウンするオアシスのひとつ。
静かでうす暗く、涼しい。そして冷たい水が抜群においしい。そのあとにゆっくり香りのいいコーヒー。


 

miyakoshiya_160625_02.jpg

miyakoshiya_160625_03.jpg

miyakoshiya_160625_04.jpg
□ 目白庭園 山ゆり

 

[宮越屋珈琲 目白店]
豊島区目白2-39-1 トラッド目白
TEL:03-6907-0368

June 18, 2016

雑司ヶ谷 モズ・カフェ

kishibojin_160618_03.jpg
□ ハンバーグ和風ソース

都電荒川線の鬼子母神前駅から目白通りにぬける道の途中にある「モズ・カフェ」でランチ。
通りからちょっと入った、奥まったところにあるお店で、中の様子がよくわからない。ドアを開けると暗い店内にびっしりと人が座っている。小さな子供を連れて家族できている人が多い。手作り料理のファミリーレストランといった感じかな。ボリュームもしっかり。

kishibojin_160618_04.jpg
□ ポークソテー ジンジャーソース


[Mo’s Cafe (モズ カフェ)]
豊島区雑司が谷2-5-18
TEL:03-3987-6660

June 11, 2016

目白台 栄和楼

eiwaro_160611_01.jpg
□ 五目炒飯

先週の神楽坂までの散歩の途中に、行列している中華屋さんを見つけたので、今週はその「栄和楼」へ。
だいたい、こういう店構えで行列していたら、ほぼ間違いなくおいしい。

ラードで炒めて中華スープを浸み込ませたホクホクの炒飯は期待通りおいしい。
珍しくちゃんぽんがメニューにあったので注文してみたら、これはとろみのついたタンメンだな。でもこれも半端なく肉野菜炒めがのっかっていてボリュームがあっていい。餃子はニンニクの効いたパリッとしたやつ。餃子やラーメンや半炒飯などのセットメニューがお得のようだ。

栄和楼を出た後は、炎天下を江戸川橋まで下り、120年フランスパンを焼き続けている「関口フランスパン」でパンを買い込み、護国寺の群林堂で豆大福を手に入れ、池袋まで戻る。締めて13,000歩。

 
eiwaro_160611_02.jpg
□ ちゃんぽん

eiwaro_160611_03.jpg
□ 餃子

eiwaro_160611_04.jpg


[栄和楼 (エイワロウ)]
文京区目白台3-15-3
TEL:03-3943-0015

May 08, 2016

雑司ヶ谷 いり江

irie_160508_03.jpg
□ ノドグロの塩焼き 鯛の刺身 定食

都電荒川線の学習院下駅で下車してしばらく歩き、富士見坂を上り切ったところで振り返る。
富士見坂の上には、Y字路の分岐点に蔦の絡まるお宅があって、ちょっとしたランドマークになっている。

そのまま雑司ヶ谷駅まで歩いて駅近くの「いり江」でランチ。 ここ、すごくいいお店だ。
お座敷が広くて居心地がいい。この時期、窓を開けてビールなんか飲むと最高だ。
そして和食のメニューが豊富。お刺身、天ぷら、焼き魚、野菜の煮物....と、選ぶのに5分は迷う。
きちんとつくられていて、おいしい。 毎日通っても飽きないような正しいお昼ご飯。

 
zoshigaya_160508_02.jpg
□ 富士見坂を登り切ったところ 左側は日無坂

zoshigaya_160508_01.jpg
□ 都電荒川線


irie_160508_01.jpg

irie_160508_02.jpg
□ 刺身定食 (中トロ かつお 北寄貝 生くじら ホタルイカ) 

irie_160514_01.jpg
□ 天ぷら盛り合わせ 筍ごはん

[いり江]
豊島区高田1丁目36-21
TEL:03-3981-5463

May 06, 2016

高田馬場 真打みかさ

mikasa_160506_01.jpg
□ メニューは1つ 焼きそば

大嫌いな臭いが漂い始めた。これほんと苦手、栗の花の臭い。
そんな臭い漂う中、鼻をつまみながら高田馬場まで歩いて焼きそば専門店の「真打みかさ」でランチ。

ここ、店頭で麺を手打ちしている!
手打ちされた太めの縮れ麺を、注文があってから茹で、それを鉄板で炒めるのだ。
打ちたて、茹でたて、炒めたてでやってくる焼きそばは、驚きの食感を作りだす。
モチモチしている! ソースも華やかな香り。 ふわりと焼かれた玉子焼きが濃いソースを味をマイルドにしてくれる。おいちい。


kurinoki_160507_01.jpg
□ 栗の花


[手打ち麺やきそば専門 真打みかさ]
新宿区 高田馬場4-4-10
TEL: 03-5937-4489

March 25, 2016

目白 花想容

kasoyo_160325_01.jpg


高田馬場から歩き、おとめ山公園を抜けて、目白に向かう途中の「花想容」で一休み。
近衛文麿が住んでいた古い家をカフェとして使っているところ。
明るい小さな庭を眺めながら、静かに過ごす。

 
kasoyo_160325_02.jpg


kasoyo_160325_03.jpg
□ おとめ山公園


[花想容 (かそうよう)]
新宿区下落合2-19-21
TEL:03-3565-3265

高田馬場 成蔵

narikura_160325_02.jpg

息子に「成蔵のとんかつが一番だと思う」と言われ、会社の先輩が「成蔵でとんかつ食べたら他では食えないなあ」とつぶやくものだから、どんどん妄想が膨らんでいた高田馬場の「成蔵」に行ってみた。開店15分前に到着したものの、甘かった! すでに28番目。開店時には行列は50人に達していた。 入口までやってきて、あまりの行列の長さに呆れて退散していった方々もたくさんいる。外国人の方も多い。その人気たるや凄いものだ。

 
脂が豊かと説明された黒豚の上ロースを注文。
一口食べて、そのやわらかさに驚く。なるほどこういうことね。
ただ、これは好みの問題だけれど、とんかつやご飯に柔らかさを求めない自分にとっては、
妄想が膨らませすぎたかもしれない。


narikura_160325_01.jpg
□ 黒豚上ロースかつ

March 05, 2016

目白 エーグル・ドゥース

mejiro_160305_02.jpg
□ シャンティ キャラメル


「エーグル・ドゥース」のお菓子は群を抜くおいしさ。
思わず「作品」といってしまいそうになる店内のショーケースに並んだケーキ類はもうほんとうに美しい。購入するときはまたたいへんで、迷ってしまって選べないので、何年かかけてもう端から食べていくことにしよう。


mejiro_160305_01.jpg
□ アールグレイフランボワーズ


[エーグル・ドゥース]
新宿区下落合3-22-13

目白 旬香亭

shunkotei_160305_01.jpg
□ カツとブラックカレー

ハクモクレンが開花し始めた。
昨年より10日早く、一昨年より二週間早い。
この土日も非常に暖かくて、前週に引き続き目白まで散歩して、駅前のトラッド目白の二階の「旬香亭」でランチ。カレーの付け合わせのキャベツや、サラダプレートの野菜類は「減圧加熱」されているという。減圧して沸点を下げ、野菜にダメージを与えることなく加熱調理することができ、さらに常圧に戻すときに一気に調味液をしみこませることができるのだそうだ。確かに見た目がまるで違う。キャベツもレタスも茹でたように透き通っているのに、パリパリなのだ。不思議。

「カツとブラックカレー」は見た目はカツカレーだけど、とんかつだけでも立派な一品。ウスターソースとマスタードが添えられるから、これはたまたまカレーのごはんの上にとんかつをのせたというものだね。とてもおいしい。手間暇かけた料理を出すすばらしい洋食屋さんだ。


shunkotei_160305_05.jpg
□ カツ用の太陽ソースとマスタード越しの目白駅


shunkotei_160305_03.jpg
□ ごぼうのポタージュ 減圧加熱されたキャベツ

shunkotei_160305_02.jpg
□ サラダプレート 減圧加熱された野菜 魚介類 生ハム パテ

shunkotei_160305_04.jpg


 


[旬香亭 (シュンコウテイ)]
豊島区目白2-39-1 トラッド目白 2F
TEL:050-5589-3875

February 28, 2016

目白 花よろず

hanayorozu_160228_01.jpg
□ ひよこ豆のカレー 明日葉のバターライス

三寒四温。
この日はポカポカの番で、池袋から目白に向けてパンの買い出し散歩。
立教大学の裏あたりから目白駅に向かってとてもいい散歩道があって、立派なお屋敷の庭にわの手入れの行きとどいた木花を眺めながら歩き、目白庭園で一休みして、目白駅近くに出る。途中「花よろず」という花屋さんの中にカフェがあったので、そこでランチ。

重く大きなズームレンズで、梅の木にとまるメジロでも撮ろうかと思いきや、動きまわるものはとても無理。かろうじてスズメの腹にピントが合った。


hanayorozu_160228_02.jpg
□ 目白庭園 山茱萸(サンシュユ)

hanayorozu_160228_03.jpg
□ スズメ


[花よろず (ハナヨロズ)]
豊島区目白3-12-27
TEL:03-3954-4915

October 10, 2015

目白 宮越屋コーヒー

miyakoshi_151010_02.jpg
◻︎ シブースト

散歩の途中、目白駅近くTRAD MEJIRO1階にある宮越屋コーヒーで一休み。
一杯700円以上のコーヒーでも、外にも漂う焙煎の香りに惹かれてお客さんはひっきりなしにやってくる。

 
miyakoshi_151010_01.jpg


miyakoshi_151010_03.jpg


[宮越屋珈琲 目白店]
豊島区目白2-39-1 トラッド目白
TEL:03-6907-0368

July 20, 2015

目白 吉祥庵

kisshoan_150720_01.jpg
□ カツ丼とおそばのランチセット

冷たい蕎麦でも...と目白の「吉祥庵」というお蕎麦屋さんに入ってみると、目の前を見目麗しい小さなカツ丼が運ばれていったのに見惚れて、カツ丼とおそばのランチセットというメニューを注文。
カツ丼はカリッと揚がったカツのまま、ふんわりたまごでとじてある。グリーンピースをあしらっているところも理想的。ミニカツ丼の単品ってあるといいなあ。


[吉祥庵 (きっしょうあん)]
豊島区目白3-5-10 川瀬ビル 2F
TEL:03-3565-5833

目白 寛永堂

kaneido_150720_03.jpg
□ 宇治金時かき氷

命の危険を感じるほどの炎天下、かき氷でも食べようと目白の志むらまで散歩して行ったみたものの、整理券を配るほどの大行列だったので、即あきらめて「寛永堂」の喫茶室に避難した。高い天井、ゆったりした店内。濃い抹茶のかかった氷で一気に身も心も涼んだはいいが、外に出ればまたあっという間にヒートアップ。


kaneido_150720_02.jpg
□ 冷やし白玉ぜんざい

kaneido_150720_04.jpg


kaneido_150720_01.jpg

May 09, 2015

宮越屋珈琲 目白店

miyakoshiya_150509_01.jpg
□ マイルドブレンド & シブースト


目白駅近くの「宮越屋珈琲」でコーヒーとシブーストで一休み。
近頃はコーヒーを焙煎しているお店が増えてきた。焙煎している香りをかぐと、どうしても誘い込まれてしまう。でも飲むよりも、この香りの中にいる方が好きなのかも。


[宮越屋珈琲 目白店]
豊島区目白2-39-1 トラッド目白
TEL:03-6907-0368

October 10, 2010

目白 エーグル・ドゥース

aigredoucea_101010_01.jpg
□ ミルフィーユ  パイの食感もカスタードの味もすばらしい

目白で先輩が出展していたアンティークの会場をのぞいたあとに、「エーグル・ドゥース」というパティスリーのイートインで一休み。ものすごい人気店のようで、もう陽が傾きはじめているのに、次から次へのお客さんが入ってくる。

aigredoucea_101010_05.jpg
□ キンモクセイ満開

 
aigredoucea_101010_02.jpg

aigredoucea_101010_03.jpg
□ アルデッシュ 中に栗がぎっしり

aigredoucea_101010_04.jpg

[エーグル・ドゥース]
新宿区下落合3-22-13 MAP

August 07, 2010

目白 志むら

shimura_100807_05.jpg
□ 生いちご (トッピング 白玉 ミルク)

目白の駅近く「志むら」で伝説のかき氷を拝んでみた。この雪崩スタイルのデザインが大発明!お店の中はみんなかき氷を注文し、そしてみんな写真を撮っている。生いちごソースはほんとうにトロトロの苺がごろごろ。食事系も赤飯弁当や野菜カレーをためしてみたが、やっぱりこのお店はこの生いちごのビジュアルインパクトにつきる。

shimura_100807_02.jpg
□ 赤飯弁当

 
shimura_100807_03.jpg
□ 野菜カレー

shimura_100807_01.jpg
□ 九十九アイス (つくもアイス:虎豆入りの求肥にアイス きなこ) 


shimura_100807_04.jpg
□ 生いちご (トッピング 白玉 ミルク)


September 27, 2008

高田馬場 北狼

kitaro_080927_01.jpg
□ 黒・豚骨醤油らーめん

子供の運動会で朝から夕方まで西向きに座っていたものだから、顔の左半分だけが陽に焼け、ナチュラルに陰影がついて彫の深い顔になった。お昼に高田馬場の「北狼(きたろう)」で黒・豚骨醤油らーめんを食べる。かなりおいしい。撤退した山頭火・恵比寿店にいた方が独立したお店なのだそうだ。

[北狼(きたろう)]
新宿区西早稲田2-21-7  MAP
TEL:03-5272-1866

September 30, 2006

高田馬場 渡なべ

watanabe_060930.jpg

高田馬場に来ると必ず寄ってしまうラーメン「渡なべ」。でも慣れのせいか、超濃厚な肉系+魚系の出汁やぶっといメンマなど、最初に食べたときの驚愕はさすがに薄らぎ、普通においしくいただけてしまう。驚きというのはあっという間に磨り減ってしまうものだなぁ。
店内があまりにも暗く、毎度写真に失敗してしまうのだけれど、今回はなんとかブレが少なく済んだ。


[渡なべ] 新宿区高田馬場2-1-4 TEL:03-3209-5615

October 12, 2005

高田馬場 渡なべ

watanabe.jpg

昼ごはんは高田馬場の「渡なべ(わたなべ)」でラーメンをいただいた。高田馬場に来ると必ずここに来てしまう。こんな味はどこにもない衝撃的な食べ物だ。スープは濃厚な魚系で麺は太目のストレート麺。メンマは超極太で1.5cm角の拍子木のような歯ごたえのあるものに仕上がっている。残念ながら、店内がかなり暗く、写真はボケボケ。

[渡なべ] 新宿区高田馬場2-1-4 TEL:03-3209-5615

September 25, 2004

高田馬場 夢民

mumin1.jpg mumin2.jpg
今日は朝から娘の運動会に出かけ、お昼ご飯は高田馬場の「夢民(ムーミン)」というお店でインド式カレーなるものをいただいた。開店5分前にお店に到着したのだけど、すでに行列ができていた。開店と同時に10席ほどあるカウンターは満席となり、さらにウエイティングスペースも満室となった。数あるメニューの中からグリーンカレーに卵トッピングで注文。グリーンカレーとはホウレン草とブロッコリーとおくらがたっぷり入ったカレー。サラサラしたルーでとてもおいしかった。
出かける前にグーグルで「高田馬場+インド料理」と検索した結果の店なのだけど、ちょっとイメージが違っていた。オリジナリティの高い、おいしいカレーライスだ。

[夢民] 【閉店】
新宿区大久保3-13-1

November 02, 2003

高田馬場の純連

junren.jpg
先日テレビをみていて、札幌の純連が、高田馬場に出店していることを知った。札幌の本店へは、数年前出張の際に空港から直行して食べにいったことがある。
今日は娘の学園祭に行った帰りに、妻といっしょにその純連に寄ってみた。ちょうど昼時なのに、それほど混雑しておらず、すぐに座れた。ここは味噌ラーメンで全国区で有名になり、ラーメン博物館にも出店しているらしい。1cmぐらいアツアツのラードが浮いているので、湯気が上がらない。しかし、スープはやけどしそうに熱い。味噌スープは独特の風味がある。まあ、おいしいけれど、それほど驚かない。

高田馬場のラーメン屋では、「渡なべ」がすごい!と思う。麺、スープ、メンマいずれも独創的で、一口食べるとアッ!と驚く。これほど、いろんなタイプが展開されているラーメンの世界にも、まだまだ独創的なものが産まれ得るのだなと感心する。