November 02, 2019

門前仲町 トリュフベーカリー

truffel_191102_01.jpg

「いり江」で豆かん食べているときに隣の席に来られた方がパンが入っているとおぼしきセンスのいい袋を提げていた。かみさんはこういう瞬間を見逃さない。「きっと近くにおいしいパン屋さんがあるに違いない」と言う。門前仲町×パン屋で検索して一番点数の高いところに向かったところ、ひときわおしゃれなファサードを発見。

いやー、おいしそうだ。どれもこれも。
店頭に看板を掲げてある白トリュフの塩パンというのがシグネチャーメニューのようだ。というか、お店の名前が「トリュフベーカリー」だ。サイトの説明によると、小麦はカナダ産の一等粉、100%フレッシュバターのみで製造していて、さらに、パンの中には自家製トリュフバターを巻き込み、仕上げにトリュフオイルに白トリュフと塩をふってあるとある。

店頭で迷っているとちょうどそこへ焼きたての白トリュフ塩パンが登場。クロワッサンや食パン他、いくつか買い込み、さらにこの焼きたての塩パンを食べ歩き用に一つもたせてもらう。温かいパンを一齧りすると、もう香る、香る! バターの香り、小麦の香り、トリュフの香り、すごいね。バランスもいい。家でリベイクしたものもおいしかったけれど、香りに関してはこの焼きたてにかなわないな。


 
truffel_191102_02.jpg

truffel_191102_03.jpg

truffel_191102_04.jpg
 
 

 
[トリュフベーカリー (truffle bakery)]
江東区門前仲町1-15-2
TEL:03-5875-8435

門前仲町 いり江

irie_191102_01.jpg
□ 白玉・杏・豆かん

門前仲町に来ると必ず立ち寄る甘味処「いり江」で豆かんの上に白玉と杏(あんず)をトッピング。
いり江の赤えんどう豆は皮もやわらかく、ホクホクとしてほんとうにおいしい。

irie_191102_02.jpg

 

[いり江]
江東区門前仲町2-6-6
TEL:03-3643-1760

August 25, 2018

門前仲町 いり江

irie_180825_01.jpg
□ 杏豆かん 黒蜜

門前仲町の「いり江」で、豆かんの上に杏をトッピング。
いり江の赤えんどうは、豆の皮がやわらかく、粒全体がホクホク。

[いり江]
江東区門前仲町2-6-6
TEL:03-3643-1760

July 13, 2016

門前仲町 いり江

irie_160710_01.jpg
□ 杏豆かん 黒蜜

門前仲町の「いり江」へ。
豆かんが大好きなんだけど、いかんせん写真映えしないので、杏を載せてもらった。


irie_160710_03.jpg
□ 伊能忠敬像 (富岡八幡宮) 


[いり江]
江東区門前仲町2-6-6
TEL:03-3643-1760 

August 16, 2014

門前仲町 いり江

“irie_140816_01.jpg"
□ 白玉クリームあん豆かん 黒蜜

門前仲町「いり江」の豆かん、この赤えんどう豆は本当に美味しい。
皮のやわらかさ、塩加減、豆の風味が最高のコンディションだ。クリームもあんこも入れない方がいいのかもしれないけど、ついついてんこ盛りにして黒蜜をたっぷりかけてしまう。


[いり江]
江東区門前仲町2-6-6
TEL:03-3643-1760 

September 05, 2006

門前仲町 いり江

irie.jpg
□ 白玉クリーム豆かん

カミさんの強い勧めにより、門前仲町の甘味処「いり江」で「白玉クリーム豆かん」をいただく。白玉だんご+アイスクリーム+赤えんどう豆+寒天+黒蜜だ。赤えんどうの皮の柔らかさと、ほのかな塩加減が絶品。また黒蜜の甘さもほどほどでとてもいい。このくらいの味加減だと、寒天の風味までがしっかりと楽しめる。確かにうまい。子供の頃缶詰の蜜豆を食べるときは、この赤えんどう豆が嫌いで避けていたものだけれど、よもやこれを唸りながら味わうようになるとは我ながら驚きだ。

[いり江] 江東区門前仲町2-6-6 TEL:03-3643-1760 MAP