September 12, 2017

新板橋 蜃気楼

shinkiro_170912_04.jpg
□ 炸茄子

生理的なのか、習慣なのかよくわからないけれど、夏の暑さが堪えてくると、いつも新板橋の「蜃気楼(しんきろう)」のスパイシーな「炸茄子」を思い出して予約を入れてしまう。過去4回とも夏の訪問。ここでしか味わえないおいしさ。


 
shinkiro_170912_05.jpg
□ 麻婆豆腐

shinkiro_170912_06.jpg
□ ピリッと青唐辛子が効いた青椒麺 (チンジャオメン)

shinkiro_170912_01.jpg
□ 小籠包

shinkiro_170912_02.jpg
□ 海老蒸餃子

shinkiro_170912_03.jpg
□ 餅米焼売

 

[蜃気楼 (しんきろう)]
板橋区板橋1-33-1
TEL:03-3964-6657

September 11, 2017

京橋もと

moto_170911_01.jpg

「京橋もと」で会食。

「川中島 幻舞 純米大吟醸無濾過生原酒ハーモニックエモーション」というお酒からスタート。この長い名前のお酒は、美山錦の純米大吟醸無濾過生原酒中取りと、山田錦の純米吟醸無濾過生原酒のブレンドを低温熟成したものとのこと。華やかな香り、軽い旨みにキリッとした後味。日本酒はこのあとに続く料理に合わせて銘柄を切り替え、全部で7種類を堪能。

 
moto_170911_02.jpg
□ 川中島 幻舞 純米大吟醸無濾過生原酒ハーモニックエモーション

moto_170911_03.jpg
□ 鮎のコンフィ オリーブオイルで長時間低温で煮て骨までやわらかく

moto_170911_04.jpg

moto_170911_05.jpg
□ 鰹 鰆 白イカ

moto_170911_06.jpg


moto_170911_07.jpg
□ 松茸を鱧で巻いて雲丹載せ 山椒煮

moto_170911_08.jpg
□ 新銀杏

moto_170911_09.jpg


moto_170911_10.jpg
□ 合鴨焼き ブルーベリーの醤油煮ソース 柚子胡椒

moto_170911_11.jpg


moto_170911_12.jpg

moto_170911_13.jpg

moto_170911_14.jpg
□ 土鍋ご飯 鱧(ハモ)とシメジ

moto_170911_15.jpg

moto_170911_16.jpg

moto_170911_17.jpg
□ ほうじ茶のプリン


 


[京橋もと (酛)]
中央区京橋2-6-13
TEL:03-3567-7888

September 05, 2017

雑司ヶ谷 江戸一

edoichi_170905_03.jpg
□ きもやき (350円/ 1本)
 

散歩の途中に雑司ヶ谷霊園に隣接する鰻屋さん「江戸一」に寄ってお昼ご飯。
このロケーションはちょっと特殊でまわりに人通りがほとんどなく、霊園に来られた方が立ち寄るか、わざわざ足を運ぶか、ご近所の方の利用ぐらいだと思う。 まずはきもやきとビールを注文し、うな重がやってくるのを待つ。 

このきもやきに驚かされる。 カミさんと二人で二串お願いしたものの、やってきたものがものすごくデカイ! 胆だけじゃなく、ヒレや皮も巻き込んであって、訊けば一串20尾分ぐらいあるんじゃないかとのこと。三人で一串でもいいくらいの大きさだ。これが350円というのだから串を刺す手間賃にもならない大サービス品だ。このきもやきと浅く漬かったおいしいぬか漬けでビールを飲んでしばらく過ごすうちに、うな重がやってきた。

写真からも伝わりそうな、ふっくらとした蒸しあがり、パリッとした焼き上がり、そしてキリッとしたタレの味。いい仕上がりだ。
 
edoichi_170905_01.jpg
□ うな重 (特)

 
edoichi_170905_02.jpg
 
edoichi_170905_04.jpg
 


[江戸一 (えどいち)]
豊島区南池袋4-7-11
TEL:03-3983-6319