Welcome to ICYDOG!
ICYDOGのメインページへ

What's the ICYDOG?
Mail to ICYDOG
April 2017
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去の日記
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006
April 2006
March 2006
February 2006
January 2006
December 2005
November 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
April 2005
March 2005
February 2005
January 2005
December 2004
November 2004
October 2004
September 2004
August 2004
July 2004
June 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
Search



February 15, 2004

猿の惑星のモデル

昨晩のテレビ番組には驚いた。「猿の惑星」の猿のモデルが日本兵だというのだ。見ていた人も多いと思う。
私は、父親が「猿の惑星」好きで、封切りの時はもちろん、その後テレビの再放送を含めて何度も見てきた。原作者のピエール・ブール(仏)は戦前、植民地マレーシアのゴムのプランテーション農園主で、優雅な暮らしを送っていたらしい。しかし日本軍の侵攻で何もかも失い、その後イギリス軍に従軍して戦った挙句、日本軍の捕虜となり、強制労働を強いられた経験を持つ。その時の経験を元に書かれたのが「戦場にかける橋」。しかし、「猿の惑星」もこの時の体験を元に書かれたもので、「猿」とは日本兵のことなのだとういう。
映画のラストシーンでは、チャールトンヘストン扮するテイラーが自由の女神を見つけて膝を折り、砂浜に崩れ落ちて人間の愚かさを罵る。昨晩は私が膝を折って愕然とするほど驚いた。36年間もあの猿が日本兵のことだったことを知らなかったとは・・・。
亡くなった父親にも教えてあげたい。

投稿者 icydog : February 15, 2004 05:34 PM | トラックバック
Comments

はじめまして、kiyoteruと申します。ブログを検索していますと私とicydogさんとは勤務地が近いようで、親しみを覚えついつい閲覧してしまいました。
色々なことに関心をもたれているicydogさんのブログの中で意外というか、逆にああやっぱりなぁと思ったのは、文明論点な観点すなわちこの場合は黄禍論についてお父上やicydogさんがあまりご存じでない/なかったことについてでした・・・
ま、確かにこの映画が封切りされヒットされた時代では黄禍論はすでに忘れ去られた議論となっていました。映画評論誌においてもあまり議論されなかったような記憶もあります。従ってお父上もご存じなかったのは無理からぬことと思われます・・・
この映画は一般的には、人間の愚かさ、核戦争の恐怖そしてタイムパラドックス物の一種と受け取られたと思われます。もちろんそれはそれで間違いのないことですが、小説が書かれた背景を知っていると、さらに重層的な楽しみが増えます。
お互い、何事につけそのように知を楽しみたいものですね・・・
それでは

Posted by: kiyoteru : January 9, 2006 12:36 AM

kiyoteruさん、はじめまして。
猿の惑星の書かれた背景を知ったときのショックは、まさに映画の結末のような心境でした。ずっとテイラーの立場で映画を見てましたが、猿側の立場からこの映画をみるとまた違った楽しみ方ができますね。
最近仕事でもこういう体験が多いような気がしています。一瞬にして全く逆の価値観でものごとが見えてくるようなことです。自分が歳とってきたせいなのか、世の中が変わってきたせいなのか。慣れ親しんできたモノの見方を変えることって、かなり強いインパクトが必要なんだなあと思うと同時に、モノを視る視点にもっと謙虚にならなければなあと反省しきりです。

Posted by: icydog : January 9, 2006 09:58 AM

現在、韓国に住んでいますが、先程テレビで猿の惑星の1作目がやっていたので、ついつい見てしまいました。2作目も見たくなりました。話しはわかっているんですけどね。あの人間のヒロインの女性は何て名前なんでしょうね?美しい!でも野生の人間なのになんであんなに綺麗なんでしょうね、化粧してるし…。あ、つまらないこと言ってすみません。いい映画ですね、1作目。

Posted by: j-mus : June 4, 2006 10:05 AM

j-musさん、はじめまして。
二作目もかなり好きです。地下都市でのシーンでは、子供の頃映画館の椅子の上で金縛りにあった覚えがあります。

Posted by: icydog : June 4, 2006 02:01 PM
Please leave your comment









名前、アドレスを登録(非公開)