ようこそ!
ICYDOG内検索


最近の投稿
過去の日記
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006
April 2006
March 2006
February 2006
January 2006
December 2005
November 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
April 2005
March 2005
February 2005
January 2005
December 2004
November 2004
October 2004
September 2004
August 2004
July 2004
June 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
Amazon

June 24, 2017

池袋 PIZZA BORSA [dining 52: 池袋西口]

borza_170624_06.jpg
□ ビスマルク

西池袋の「PIZZA BORSA」でランチ。
釜の前のカウンターに通されたので、ピザが出来上がるまでの工程をじっくり観察。楽しい、やってみたい。

ピザはビスマルクを注文。玉子は最初から生地に載せられて釜に入れられた。生地が焼きあがるのと玉子が半熟状に火が通るのと同じタイミングということなんだな。トロッとした黄身とやや強めの塩の加減がいい。


  → つづきもどうぞ "池袋 PIZZA BORSA"



Posted by icydog at 11:54 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

June 13, 2017

神宮前 一凛 [dining 10: 原宿・青山]

ichirin_170613_06.jpg
□ 八寸 カマスの棒鮨

30年間お世話になった方が仕事に一区切りつけられるとのことで、お礼方々、「一凛」で労い会を開催。起業された頃に出会い、たくさん仕事をお願いして、だいたいのことは阿吽の呼吸で進めることができて、ほんとうに助けられた。

料理は「夏」をふんだんに盛り込んだお皿が次々と登場。お酒は伏見の澤屋まつもとUltra純米大吟醸。昔話半分、もう半分はこれからの話。あんなにたくさん働いてきたのにまだまだ終わらない意欲に感心する。


  → つづきもどうぞ "神宮前 一凛"



Posted by icydog at 10:15 PM | Comments (1) | TrackBack(0)

June 08, 2017

神泉 ミネバル [dining 26: 渋谷]

minebaru_170608_03.jpg
□ 秋鮭のプディング ホタテと車海老のタルタル

神泉のスペイン料理「ミネバル」で夕食。
奥の居心地のいい長椅子席に腰を落ち着けて、つまんでワイン、つまんでワイン...をひたすら繰り返す。何をつまんでもかなりおいしい。秋鮭のプディングなんて斬新だし、豚のグリルの肉汁あふれる火入れ具体なんてとても絶妙。

minebaru_170608_04.jpg
□ ホタテのアヒージョ


  → つづきもどうぞ "神泉 ミネバル"



Posted by icydog at 10:52 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

June 06, 2017

白金 金龍山 [dining 27: 白金方面]

kinryuzan_170606_01.jpg
□ ヒレ

白金「金龍山」の長期予約が巡ってきた方から悦楽の焼肉三昧に誘っていただいた。
その方は着席するなり、メニューを見ることもなくオーダーシートにササッと注文を書き付け女将さんに手渡した。その手際のよさに驚くというか呆れる。メニューが一巡し、何かもう一つ追加をということで未体験のヒレを注文。これヒレ肉? このサシの入り具合はいったいどうしたことか。サッと炙って口に入れると、ほぐれて行くようなテクスチャ。すばらしい。締め肉にいいかも。

[金龍山 (きんりゅうさん)]
港区白金3-14-1
TEL:03-3446-8156

Posted by icydog at 10:45 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

June 03, 2017

神楽坂 ステファノ [dining 32: 神楽坂]

stefano_170603_01.jpg
□ ひよこ豆とオリーブのサラダ

週末は空気が澄み渡り、窓からの景色は久しぶりに富士山や浅間山や男体山が勢ぞろい。
西高東低の冬型の気圧配置になっているのだそうだ。

午後から神楽坂を散歩して、「ステファノ」でランチ。
ステファノはいつも数種類の自家製パスタが用意されていて、自分は極太の押し出し製麺されたビゴリを選択。カミさんは卵を練り込んだタリオリーニ。このときは気づいていなかったのだけれど、5年まに来た時も同じチョイスだったことがわかり、苦笑い。


  → つづきもどうぞ "神楽坂 ステファノ"



Posted by icydog at 10:35 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 23, 2017

堂島 渡邊カリー [dining 82: 大阪]

watanabecurry_170523_03.jpg
□ スパイスとんかつカリー 辛口

大阪では「スパイスカレー」というカテゴリーが急成長中らしい。独自のスパイスワークもさることながらデザインされた盛りつけに各店の主張があるようだ。大阪出張の帰りに北新地駅近くの「渡邊カリー」というお店に寄ってスパイスとんかつカリーを注文。サラサラなスパイシーなカレーがおいしそう。特に目を惹くのがこのとんかつだ。衣が軽やかで、ピンク色が美しい! カットの仕方が珍しく、複数回横カットしたあとに、縦に1カット。この最後の1カットのおかげで、ターメリックライスの上に盛りつけられたときに軽くとんかつが開いてきれいな断面を見せる。


 

[渡邊カリー (渡邊咖哩)]
大阪市北区曽根崎新地2-2-5 第1シンコウビル 3F
TEL:06-6346-3338

Posted by icydog at 10:42 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 20, 2017

池袋西口 富久鮨 [dining 52: 池袋西口]

fukuzushi_170520_01.jpg
□ 鯵 なめろう

池袋の「富久鮨」で山口の雁木(がんぎ)を冷酒で飲みながら、鯵のなめろうをつつく。あまりになめろうがおいしいので、鯵の旬を調べてみたら、鯵は一年中獲れる魚だけど旨みが増すのが初夏で、脂がのるのが秋冬とのこと。いつだっておいしいらしい。

fukuzushi_170520_03.jpg
□ ばくだん 海苔で巻いて


  → つづきもどうぞ "池袋西口 富久鮨"



Posted by icydog at 11:08 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

四川飯店 池袋東武店 [dining 52: 池袋西口]

shisenhanten_170520_01.jpg
□ ランチ御膳 陳マーボドーフ

日本で麻婆豆腐といえば、赤坂四川飯店の故・陳建民氏が日本人が入手しやすい材料で食べやすく作ったことで一気に普及した発明に近いメニュー。ところが近年、本場四川の辛くて痺れる麻婆豆腐が日本でも浸透してきたこともあってか、息子さんの陳健一氏が麻・辣を際立たせた本場に近い味にしたものが「陳マーボドーフ」。商標登録の関係で四川飯店ではマーボドーフは漢字で書かないようだ。

池袋の東武百貨店にある「四川飯店」のランチ御膳で、この陳マーボドーフを選択。ほどよいレベルをちょっとだけ超えた麻・辣具合がおいしい。白いご飯との組み合わせがまたいい。

大きくてプルンプルンの杏仁豆腐があるので、口の中も穏やかにクールダウン。


shisenhanten_170520_03.jpg
□ 杏仁豆腐

[四川飯店 池袋東武店 (シセンハンテン)]
東武百貨店池袋店 12階
TEL:03-3981-2350

Posted by icydog at 10:42 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 13, 2017

大谷口 水道タンク [-diary_17]

watertank_170513_02.jpg

久しぶりのまとまった雨だ。
自宅の窓から見える景色も真っ白。その中にドーム型のシルエットが浮かび上がって見える。建て替わった大谷配水塔だ。旧水道タンクデザインを継承したものでまわりの住宅街の中で異彩を放つ。二年間毎日眺めていても気づかなかったものが、遠くの視界が遮られることで見つけることができた。

Posted by icydog at 10:58 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 07, 2017

野方 十八番 [dining 99: その他]

ohako_170507_06.jpg
□ 手打ち麺の焼きそば

中野や高円寺の北側に位置する野方にある町の中華屋さん「十八番(おはこ)」というお店は、手打ちの麺を使っていて、餃子やシュウマイの皮も手作りというので訪ねてみた。お店の外観はホント「町の中華」だ。いろいろ試してみたいけれど、なにせ胃袋が2つしかなかったので、まずはしゅうまい、それにラーメン&チャーハン、そして焼きそばを注文して限界。しゅうまいはレンジでチンされて驚いたけれど、プリプリっとしていてかなりいい。ただ、しゅうまいの皮の薄さだと手作り感を感じ取れない。ラーメンと焼きそばには手打ちというか竹打ちというか太めの手作り麺が使われていて、この食感がまたいい。チャーハンもふんわりと香りいい。隣席の方が唸りながら食べていた手作り麺の冷やしそばも旨そうだったなあ。


  → つづきもどうぞ "野方 十八番"



Posted by icydog at 10:52 PM | Comments (0) | TrackBack(0)














































eXTReMe Tracker




*