ようこそ!
ICYDOG内検索


最近の投稿
過去の日記
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006
April 2006
March 2006
February 2006
January 2006
December 2005
November 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
April 2005
March 2005
February 2005
January 2005
December 2004
November 2004
October 2004
September 2004
August 2004
July 2004
June 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
Amazon

June 08, 2018

ぼうず'n coffee [dining 52: 池袋西口]

bozencafe_180608_01.jpg


1カ月の間に数日しかオープンしない池袋の「ぼうず'n coffee 」。いつオープンしているかはフェイスブックで確認する。そもそもここは「祥雲寺」という大きなお寺で、お寺の広い施設と庭を使ってカフェを運営しているという仕組み。ここがとても落ち着くんだ。抹茶ラテなんか飲みながら、線香の香りの中で強い陽射しに輝く庭を暗く涼しい別邸からただただ眺める。一時間ぐらいすぐに経ってしまうよ。

bozencafe_180608_02.jpg

bozencafe_180608_09.jpg


  → つづきもどうぞ "ぼうず'n coffee "



Posted by icydog at 10:26 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

June 05, 2018

巣鴨 もん家 [dining 56: 駒込・巣鴨]

monya_180605_01.jpg
□ 心のこり(ハツもと)

自分で鶏レバーを下処理したことがある人にしかわからないかもしれないけれど、レバー(肝臓)とハツ(心臓)はつながっていて、このハツの上部からレバーにつながる部分は脂肪や筋の塊でいつも捨てていた。この部分が、焼き鳥屋さんでは「心のこり(ハーツの残り)」という串になる。

巣鴨の「もん家」に行くときは、電話で予約するときにこの「心のこり」も予約しておく。コリコリとした弾力と脂が浸み出すジューシーさを併せ持ち、珍味にして抜群にうまい。「もん家」ではこの他にも、最初に「とりかわ」を注文しておく。炭火の遠火で焼くこと一時間。表面が煎餅のようにカリカリだ。焼く手間がごちそうだ。

monya_180605_02.jpg
□ とりかわ(焼くのに一時間)


  → つづきもどうぞ "巣鴨 もん家"



Posted by icydog at 11:07 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

June 03, 2018

池袋 桂花 [dining 52: 池袋西口]

keika_180603_01.jpg
□ 桂花拉麺

池袋東武百貨店レストランフロアに熊本ラーメン「桂花」が登場。店の造りこみからみて、これは期間限定ではなく、常設店のようだ。なぜいまここで「桂花」だったのかは聞きたいところだけれど、そんなことは置いておいて、桂花拉麺を注文。豚骨&鶏ガラ白湯(パイタン)にマー油が入った看板スープだ。


  → つづきもどうぞ "池袋 桂花"



Posted by icydog at 08:58 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

June 02, 2018

池袋Esola 千房 [dining 52: 池袋西口]

chibo_180602_01.jpg
□ ねぎ焼き(九条ネギ・豚肉・いか・小海老・牛すじ・素干し小海老)

池袋駅近くのEsola「千房」でランチ。
醤油味のねぎ焼きで、枯れたファストフード。


  → つづきもどうぞ "池袋Esola 千房"



Posted by icydog at 10:39 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

June 01, 2018

渋谷 ゆうじ [dining 26: 渋谷]

yuji_180601_10.jpg
□ ロース ミスジ ザブトン トモサンカク サーロイン 胡椒たっぷりで

久しぶりに渋谷「ゆうじ」でしっかり燻された。
最初に登場するモツ煮からして唸るおいしさ。ハラミやハツの刺身のあとに甘辛いレバニラ焼き、塩味のホルモン盛りのあとに胡椒たっぷりの圧巻の生肉盛り。極上の肉をメリハリの効いた組み立てで堪能して、気づくといつものように4時間半のフルコースだ。

yuji_180601_11.jpg
□ レモンネギを巻いて


  → つづきもどうぞ "渋谷 ゆうじ"



Posted by icydog at 11:38 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 27, 2018

銀座アスター 新宿賓館 [dining 12: 新宿方面]

aster_180527_03.jpg
□ アスター麺

銀座アスターの「新宿賓館」で、店の名前を冠したアスター麺。昭和33年の東京タワー開業記念に開発されたというアスター麺は今年で60周年。スカイツリーができた今でも抜群においしい五目うま煮そばだ。具材に絡むとろみの強い醤油ダレがいいんだな。

aster_180527_04.jpg
□ 海鮮焼きビーフン


  → つづきもどうぞ "銀座アスター 新宿賓館"



Posted by icydog at 10:35 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 24, 2018

高津 潟潟ヤ [dining 99: その他]

gatagataya_180524_02.jpg
□ 低温加熱されたシジミ

田園都市線高津駅まで遠征して「潟潟ヤ (がたがたや)」で会食。2年半ぶり。予約をとりづらいところ、同僚が前々から予約してあった貴重な席に呼んでくれた。調理から盛りつけ、配膳、酒注ぎ、すべて店主が一人で鮮やかに切り盛りする。仕入れる素材を惜しまない、火入れの温度も繊細で、他では味わうことができない料理が続く。しかも同じ料理は二度と出ることがないという。


gatagataya_180524_03.jpg


  → つづきもどうぞ "高津 潟潟ヤ"



Posted by icydog at 11:30 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 20, 2018

池袋 ハチク [dining 52: 池袋西口]

hachiku_180520_01.jpg
□ 桜みるく(桜の葉の香り いちごの果肉 白餡)

西池袋公園の近くを歩いていると、ときどきものすごい行列に出くわすことがあって、それはどうやらかき氷屋さん「ハチク」の整理券配布時の行列だということがわかった。一度行ってみようと、家人が11:00の整理券配布に並んでゲットした札はなんと19:25のもの。19:20にごろに行ってみるとそこにはまた少し行列があって、店内に呼び込まれたのは20:00ごろ。いちごやメロン、マンゴーといっためぼしいメニューはすでに全て売り切れていて、残ったメニューから3種を選び、かき氷にスプーンを刺したのは20:20...1日がかりのイベントだ。しかも夜にかき氷を食べるのは初めてかもしれない。

やってきたかき氷を見ると、なぜこんなに時間がかかるのかがよくわかる。かき氷のひとつひとつがまるで作品であるかのように創り込まれているのだ。トップのジャムの層の下には雪のかまくら状の削られた氷が覆い被されていて、その下からは果物の果肉がごっそりと出てくる。かき氷というよりもはやフルーツパフェ。スプーンを差し込むたびにいちいち感心しながら食べ進む。これはぜひともこの夏が終わるまでにいちごやメロンも体験しなくちゃいけない。お店を出たのが21:00過ぎ。お店の方もかなりの重労働に違いない。
さて夕ご飯はどうすればいいのだろう...


  → つづきもどうぞ "池袋 ハチク"



Posted by icydog at 11:56 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

要町 藤香想 [dining 52: 池袋西口]

tokasoh_180520_01.jpg

池袋から地下鉄で一つ目の駅、要町の住宅街の路地を入ったところにある「藤香想」でランチ。
緑の庭に囲まれた一軒家のカフェで、通りを歩いているだけではまったく気づかない立地。それなのに、おそらくネットで知ったお客さんが次から次へとやってくる。ローストビーフ丼や海鮮丼のランチもさることながら、あかね米を使ったあかね餅の入ったおしるこがことさら美味しく、芳ばしい棒茶(ほうじ茶)がよく合う。

tokasoh_180520_02.jpg
□ 牛のたたき丼


  → つづきもどうぞ "要町 藤香想"



Posted by icydog at 11:12 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 17, 2018

広尾 小野木 [dining 99: その他]

onogi_180517_01.jpg

天現寺橋近くの「小野木」で会食。この辺りは高速道路とオフィスビルばかりで、飲食店の気配をあまり感じにくいエリアだけれど、実はあちこちにとても素敵なお店が隠れいたりする。「小野木」も外からみると、中にこんな素敵な空間ががることに気づきにくい。ドアを開けて階段を上っていくと、広い店内が満席で賑わっていて、場所がらか客層もインターナショナルにバラエティに富んでいる。和食のお店でこのカジュアルで楽しい雰囲気は案外珍しいかもしれない。

onogi_180517_02.jpg
□ 毛蟹 雲丹


  → つづきもどうぞ "広尾 小野木"



Posted by icydog at 10:59 PM | Comments (0) | TrackBack(0)














































eXTReMe Tracker




*